緊急声明:プレカリアートユニオン(清水直子氏)を提訴!組合潰しの報復解雇・統制処分の撤回を求める

無権利状態のブラック労働組合
清水直子氏の「プレカリアートユニオン」を提訴

プレカリアートユニオン内での組合結成への
報復としての解雇・権利停止処分、無効求め提訴

 

私たちは、アリさんマークの引越社事件などで知られる、プレカリアートユニオン(PU)の労働者によって組織する組織内労働組合・デモクラティック・ユニオン(DMU)です。

プレカリアートユニオンでは、従前より「ブラック企業とたたかう労働組合」、また「ブラック企業の駆け込み寺から砦へ」をスローガンとしながら活動に邁進しておりましたが、半面、プレカリアートユニオンの従業員(書記局員)の待遇は、全員が、残業代、有給休暇、深夜休日割増のいずれもが不支給という、劣悪なものでした。

 

代議員を「指名」して大会を開催……清水直子氏らが必ず当選するプレカリアートユニオン定期大会のからくり

しかもプレカリアートユニオンでは、執行委員長を名乗る清水直子氏が、毎年の大会で投票権を持つ代議員を規約どおり組合員に選挙させず、みずから指名して電話をかけ、出席または委任状を提出させて大会を開催しています。

プレカリアートユニオンの組合員は選挙権と被選挙権をいずれも剥奪され、どんなに不満があっても清水直子氏を批判し、執行部を入れ替えることはできない無権利状態に置かれる一方、清水直子氏への報酬金だけは続々と増額され、さらに多額の費用をもって米国へ外遊するなど、組合の規模にそぐわず、組合財産に損害を与え、組合員に過重の負担を押しつけるような運営が横行しているのです。

 

労働組合なのに、「アルバイト」との団交を拒否……さらにデイズジャパン出身者を利用しプレカリアートユニオン事務所内を盗聴

そこで、プレカリアートユニオンの書記局労働者によって組織する組織内労組「デモクラティック・ユニオン(DMU)」を結成し、代表者書記長である前田が先鋒となって公然化、プレカリアートユニオンに団交を申し入れたところ、清水直子氏は「書記局アルバイト」は労基法・労組法上の労働者にあたらないとして団交を拒否し、書記長・前田の2月分の賃金を踏み倒し、清水直子氏に忠誠を誓うデイズジャパン出身の根本美樹氏に命令して、プレカリアートユニオン事務所内に、組合監視用の盗聴器をしかけるという不当労働行為を繰り出しました。

清水直子氏と根本美樹氏による盗聴は不当労働行為であるばかりか、プレカリアートユニオンに電話をかけ、または直接労働相談に来られる方々への裏切りであり、重大なプライバシーの侵害でもあります

 

組合結成は「分派活動」……労組職員の労働基本権はどこへ

しかも、去る3月18日、プレカリアートユニオンの清水直子氏は、DMUの代表者書記長の前田を、「分派活動」(=DMUの結成)を理由として解雇・権利停止の統制処分といたしました。

書記局員が労働組合を結成すると「分派活動」になるとすれば、労組職員は労働基本権を一切行使できないということになり、やはり無権利状態に置かれてしまいます。

私どもDMUは、対外的には労働法の遵守を要求し、『ブラック企業を許さない!』(かもがわ出版)などの著書を上梓しつつ、みずからが使用者の立場に立たされるや否や、たちまち変節を遂げ、悪質かつ典型的な不当労働行為によって私ども組合の壊滅を図る清水直子氏の背信的な態度に、強く抗議するものです。

 

終わりにしよう、清水直子氏による「所有と支配」
はじめよう、組合員のための組合運営。適法な書記局員の処遇!

また、大会を適法に開催していないだけではなく、清水直子氏は、規約に違反して、プレカリアートユニオンの会計を組合員に対して公開しておりません。

自らの資金使途を隠蔽し、組合員に批判のための根拠を持たせないことによって、本来民主的に運営される労働組合に対する「所有」と「支配」をねらっているのです。

私どもDMUは、プレカリアートユニオン書記局員の適正な待遇、ひいては民主的な組合運営を取り戻すため、

不当労働行為審査事件
(都労委・平成31年(不)第20号プレカリアートユニオン事件)

統制処分無効確認仮処分事件
(東京地裁民事36部・平成31年(ヨ)第21033号事件)

を争っております。

 

労働組合の活動は、組合員の人生を預かるものです。

したがって、選挙されてもいない清水直子氏ら執行部の無責任な専断によってではなく、選挙によって組合員共同の責任で選出された役員によって指導されるべきものです。

残業代を一切支払わないなど明らかに違法な組合運営をしておきながら、労働基準法の遵守や、プレカリアートユニオンの大会を適法に開催することを要求する団交を申し入れると、前代未聞の不当労働行為、および統制処分によって書記局労働者の弾圧を図る清水直子氏らプレカリアートユニオン執行部の所業は、到底許されるものではありません。

私たちDMUの組合員は、ブラック企業に対して模範を示すためにも、適法な労働環境の中で誇りを持って働きたいと考えています。

団交申入書のなかでは、残業代等の支給が実現するのであれば賃下げも構わないという意思表示をしているほどです。

ついては、良識ある市民の皆さまに、清水氏への厳しいご指導、ご指摘をお願いするものです。

 

抗議先

〒151-0053

東京都渋谷区代々木4丁目29-4

西新宿ミノシマビル2階 ユニオン運動センター内

プレカリアートユニオン

 

執行委員長 清 水 直 子
(但し、正当な定期大会で選挙されたものではありません)

 

TEL…03-6276-1024

FAX…03-5371-5172

 

 

プレカリアートユニオン事件の経緯

プレカリアートユニオン事件要旨
声明緊急声明:プレカリアートユニオン(清水直子氏)を提訴!組合潰しの報復解雇・統制処分の撤回を求める事件の概要
(声明)平成31年4月6日付プレカリアートユニオンによるブログ投稿について書記局アルバイトの労働者性
(声明)プレカリアートユニオン執行委員(野木薫社労士の失業保険不正受給「修行」スキームに関与した者)の辞任を受けて違法行為に関与した執行委員の辞任
非正規職員に対する弾圧Change.orgのキャンペーン開始!プレカリアートユニオンを立て直すため、ご賛同を呼びかけます!事件の概要
アウティング・秘密録音をやめてください!!LGBT・セクマイ労働相談のプレカリアートユニオン・清水直子委員長の人権侵害をゆるさない清水直子さんによる
・個人情報のアウティング
・セクマイ労働相談を含む事務所内の盗聴
プレカリアートユニオン「書記局アルバイト」の労働者性について本気出して考えてみた
「ここに『労働者』はひとりもいない、みな『活動家』だ。」(副執行委員長・仲英雄さん)のプレカリアートユニオン、労災保険・雇用保険に加入
私たちがプレカリアートユニオンの中野千暁こと太田曉彦さんを実名で告発し続ける理由中野千暁こと太田曉彦さんによる違法行為・人権侵害
プレカリアートユニオン(執行委員長・清水直子さん)が『罪状ペーパー』を掲出………労組結成・団交申入への報復として引越社関東同様の「罪状ペーパー」の掲出
繰り返される労働組合による労働者の蹂躙……建交労メッセージがプレカリアートユニオンに示唆するもの清水直子さんによる違法行為と、過去の労働組合による不祥事の類似性
プレカリアートユニオンの「盗聴請負人」、根本美樹(デイズジャパン・元社員)さんへの警告書清水直子さんによる盗聴行為
まるでアイヒマン。人権侵害「わかんなぁい」のデイズジャパン・根本美樹さんがプレカリアートユニオンでやったこと根本美樹さんによる盗聴行為
違法な独裁的組合運営プレカリアートユニオンと組合民主主義……違法選挙の末路?意見を持つことも言うこともできない執行委員会プレカリアートユニオン執行委員会の現状
プレカリアートユニオンの夢と現実、清水直子の嘘と罰
野村さんが去ってしまったプレカリアートユニオンと終わらない清水直子さんのパワハラ、そして野村さんに群がる商業者たち清水直子さんによるパワーハラスメント
執行委員による違法行為・金銭の不祥事失業保険を不正受給か:Oさん(某大学客員教授・プレカリアートユニオン執行委員)執行委員である社会保険労務士・野木薫さんによる雇用保険不正受給スキーム
違法選挙に協力して小遣い稼ぎの伊奈運輸・武内惇さん(プレカリアートユニオン執行委員)、DMU組合活動を妨害執行委員である武内惇さんによる横領・違法行為
プレカリアートユニオン・清水直子さん、名誉毀損の指摘受け組合員誹謗のブログ記事を削除清水直子さんが、
・組合加入をアウティング
・組合員を実名で誹謗中傷
したこと。
Print Friendly, PDF & Email

7 COMMENTS

プレカリアートユニオンと組合民主主義……違法選挙の末路?意見を持つことも言うこともできない執行委員会 | プレカリアートユニオン組織内労組のデモクラティック・ユニオン[DMU]

[…] 例えば、今問題になっているプレカリアートユニオン事務所内の秘密録音問題を執行委員会で議題に挙げれば、こうなるのではないでしょうか。(あくまでも経験を踏まえた憶測なので […]

返信する
小田川華子氏(首都大学東京客員教授・プレカリアートユニオン書記次長)は、プレカリアートユニオン執行委員会による組合潰し・不当解雇について、どうお考えですか? | プレカリアー

[…] 、私はじめ書記局員の労働条件を決定できる立場にあります。 また、組合結成への報復として繰り出された統制処分を決定したひとりでもあります。 ところが、小田川華子氏は、執行 […]

返信する
なぜプレカリアートユニオン・清水直子がほぼ全議席を「指名」する「翼賛選挙」は、なぜ違法・無効なのか | プレカリアートユニオン組織内労組のデモクラティック・ユニオン[DMU]

[…] プレカリアートユニオンでは、既に紹介したように、委員長・清水直子氏が、毎年の大会でほぼ全ての代議員を指名し、組合員には一切選挙・立候補の機会が与えられないまま、自らを […]

返信する
プレカリアートユニオン(清水直子)に対する労働組合結成通告 兼 団体交渉申入書(都労委:甲第1号証) | プレカリアートユニオン組織内労組のデモクラティック・ユニオン[DMU]

[…] ,組合の名称に「プレカリアート」(不安定な労働者)を掲げながら,雇用する職員を何らの保証がない無権利状態,すなわちプレカリアートの状態に置いた上で脅迫や懐柔を繰り返し […]

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)