質疑書(4月1日)|疏甲|

2019年 4月1日(月)

プレカリアートユニオン執行委員会 各位

                          申出人 組合員T

 

 

下記の項目について、審議回答をして頂きたく、お願い申し上げます。

さて、平成31年3月18日にプレカリアートユニオン組合通信にて、前田組合員が分派活動を行い、それに対する制裁として臨時執行役員会議にて統制処分の決議がなされたことが通知されました。

組合規約第7条2項(3)権利停止処分1年間と英断されたことは一組合員として、敬意を表明いたします。

しかし、同通信を拝受した若干名の組合員から私の元に問合せがあり、返答に大変苦慮しております。とくに多い質問・感想としては、『分派活動とは何?』『組合執行部に対してどのような要請をして統制処分を受けたの?』『アリさんマークの引越社と同じ罪状ペーパーみたい』というお声を聞きます。

分派活動にて処分された前田組合員より手渡された広報誌の内容を拝見しますと、事実と思われる内容が含まれております。一部を抜粋しての検証が不可欠であると思い、執行役員会議にて、審議して頂きますようお願い申し上げます。

 

(質疑1)

プレカリアートユニオン選挙・大会規程第2条『組合員は、この規定の定めるところによって選挙権、被選挙権を行使することができる』との明示がありますが、これまでに選挙投票はしたことがないと話される組合員が存在します。どのような方法で組合員は選挙投票をすれば良いのですか?

 

(質疑2)

申出人は、去年の第7回定期大会(第8回大会)において、清水執行委員長より代議員としての指名をされましたが、申出人を代議員と定める任命選挙はどのような方法で行われましたか?

 

(質疑3)

会計帳簿(総勘定元帳等)や執行役員会議議事録は、申し出をすれば閲覧することはできますか?

 

(質疑4)

「労働組合は『活動家』の集合体であって、組合員どうしは労使関係にはない」と認識され、専従者・アルバイトの給与は「行動費」として経理計上がなされているようだと仄聞しております。

しかし、前田氏のTwitterでは「社会保険に加入している専従者が存在する」と言及されています。それが事実なら、法律上、やはり専従者は労働者であり、行動費とは賃金のことであり、労使関係があるということになりますが、事実でしょうか?

 

(質疑5)

  • 今回の臨時執行役員会議において、組合民主主義の基本である多数決の原理原則(賛成・反対・どちらでもない・欠席・委任)をもって決議はなされましたか?
  • 一部の執行役員の話では、事前打合せにおいて、『前田君の行為を止めるよう説得すべきだ』と意見を述べたにも拘らず、賛成か反対を迫られ、この時ばかりに団結しなければならないと言われ、貴重な少数派意見を弾圧しようとしているような印象を受けたと聞いております。

多数派が少数派を擁護出来なければ、LGBTなど、悩み困っている少数派を擁護する組合団体として、人権問題を語る資格があると思われませんが、どのようにお考えですか?

 

 

※註:この文書は、T組合員が、組合加入前に、DMUの活動と関係なく作成・交付したものです。この質疑書になんら回答がなかったため、T組合員はプレカリアートユニオン執行部に不信感を抱き、DMU加入を決意しました。

 

Print Friendly, PDF & Email

1 COMMENT

名倉マミ

昨日から今日にかけて、執行委員の中山さんから何通かのメールが届きました。

彼の言ってきたことといったら、Tさんに対しては、
「書面など出さずに堂々と議場に出てきて過半数が賛成するような意見を言え」
前田さんに対しては、
「議場に突撃する前に書面を出せ。あんなやり方では統制になるのは当たり前だ」
ということで、全然矛盾しているんですね。

それで私がそれを指摘したら、「あなたとは認識が違っていて会話が成立しない」
「それよりあなたが掲示板に書いていることは悪質極まりない」
ですって(>_< ) そもそも先月の定例執行委員会で、「今後は執行委員と執行委員が特に認めた組合員しか出席を許可しないことに決めた」と聞いております(私は欠席でしたので)。 執行委員会に出席できない、書面を出すのもダメだったら組合員さんはどこで意見を言ったらいいのでしょうか? それこそ掲示板やツイッターでも利用するしかなくはないでしょうか。 そもそも、Tさんは「執行委員会の議題として取り上げてほしい」と念を押して、執行委員である私に質疑書を預けたのです。 私はその日の内にそれを全委員に送信して、話しあいのきっかけを作ろうとわざわざ回答書案まで作って回しました。 しかし、中野氏からは、 「名倉が預かっても執行委員会に来たということにはならない」(???) 「第一、まだ、回答するかどうかも決めていない」(普通質疑書を提出されたら回答するものです) と不誠実な対応を受け、佐藤氏からは、 「なんで名倉が他の議員に『私が回答書の原案を作ります』と宣言するんだ」 「それで、なんで名倉が実際にそれを作って回すんだ。やめろ。私はあなたの人格に疑義があるから反対だ」 と暴言を吐かれ、回答書の制作そのものを妨害されました。 その間、他の議員は誰一人何一つ応答しませんでした。「受け取りました」という通知すらなしです。 これでは、「執行委員会が機能していない」と判断されても仕方なくないでしょうか。あなたたちが業務「執行」するよう「委」ねられた組合ではないのですか! 結局、回答書が作成されることはありませんでした。 私「一生懸命書いた質疑書に何も回答がなかったから、Tさんはプレカリアートユニオン執行部に不信感を抱き、DMU加入を決意したんだよ。あなただって質疑書も、私の作った回答書案も見たでしょう!?」 中山「Tさんの質疑の件はDMUに加入したかしてないかなどは私たちにはわからない状態でしたし」 だーかーら、おまえら(失礼)がちゃんと誠意ある対応をしていればTさんはDMUに入ってなかったのにねって話だろ!! 「名倉の聖書の譬えはわからん」ということだったのでわかるようにお話ししたつもりだったのですがねえ(・_・) >中山さん

というかなんで私がこの人や佐藤さんにボロクソ言われないといけないんでしょうか。
私が彼らに何をしたのでしょうか。
つくづく理不尽だと思います(T_T)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)