街宣活動、自分だけ『労働』と偽り不正所得:佐藤智秋(プレカリアートユニオン執行委員)は嘘をつくな!パワハラをやめろ!

 

 

佐藤智秋の嘘は労働者全体への裏切り:自身は賃金得る街宣活動「労働ではない!」と強弁

 

今日は、使用者プレカリアートユニオンの執行委員(役員)である佐藤智秋氏について、抗議のため言及させていただきます。

佐藤智秋さんは、東洋大学卒のインテリで、プレカリアートユニオンの執行委員(業務執行権のある使用者)を務めていますが、今回、まるでゲッベルスのようにして自称・執行委員長の清水直子氏に奉仕する一方、私たち非正規職員には『組合活動は労働ではない』など、組合の事務に留まらず、街宣活動はじめあらゆる組合活動から金銭の対価を得ている当人として明らかな嘘をつき、使用者として、非正規職員からの搾取に勤しんでいます。

 

プレカリアートユニオンでは、組合員同士の「助け合い」であるはずの街宣活動やビラ配りなどを、正規職員が参加する場合だけは「労働」であると偽ってタイムカードに打刻、賃金を発生させ、代休(ヤミ休暇)を取得し、(組合員はボランティア保険にも入れてもらえないのに)労災保険の適用を受けるなどして、危険と負担だけは組合員や書記局アルバイトに押しつけながら、不正に、佐藤智秋氏をはじめとする正規職員だけが利益と安全を確保する行為が横行しています。

街宣活動をする佐藤智秋氏。¥

マイクを握る佐藤智秋氏。左側で旗を持っている一般組合員は休日返上・無保険、大きなリスクを負って活動しているが、佐藤智秋氏には賃金が発生している。また、「街宣で疲労した」との理由で「ヤミ休暇」(正規職員だけが取得できる、欠勤控除のない休暇)をとることもある。(引用元)

 

そうした中、DMUによる団体交渉の申し入れによってこの問題が表面化し、使用者プレカリアートユニオンは「労働者は一人もいない」などと主張して団交を拒否、言い逃れを続けていました。

その頃、当時はDMUの組合員ではなかったものの、同じく書記局アルバイトとして勤務し、無給であっても積極的に街宣活動などに参加していたT君は、使用者・執行委員の一人で書記局に常勤する佐藤智秋氏に「質疑書」を手渡し、明確な回答を求めました。

佐藤智秋氏はじめ執行委員会は、本日に至るも、この「質疑書」への回答から逃げ回っていますが、事実上その一部に回答する形で佐藤智秋氏からT君に送信されたのが、このラインです。

「私からも話したと思いますが、組合活動は労働ではないです。」

「労働であるか活動であるか分からないということであれば参加していただくわけにはいきません。」

「来ていただいても参加をお断りすることになると思います。」

 

とあります。

しかし、「労働ではない」はずの組合活動に参加している間中、正規職員である佐藤智秋氏だけは、これをタイムカード上の労働時間に組み入れ、組合から賃金を受け取っています。

プレカリアートユニオンでは、本来は組合員全員に公開しなければいけない帳簿を隠蔽し続けていますので、善意から参加する多くの組合員は、佐藤智秋氏だけが裏側でコッソリと、任意であるはずの街宣活動から対価を受けているとは知りません。

このように佐藤智秋氏は、「助け合い」の美名のもと、無給で参加する書記局アルバイト(非正規職員)や、休日を返上して駆けつける多くの組合員を欺き、安く便利な労働力、すなわち『リソース』として利用しているのです。

 

また、既に述べたように、「労働」として街宣やビラ配りをする佐藤智秋氏らは、暴力沙汰や事故に巻き込まれても労災保険で保護されますが、「労働ではない」とされた書記局アルバイトや一般組合員が参加しても、このような保障・保険はありません。

佐藤智秋氏のような正規職員には「労働」ではないはずの街宣活動をしている間も賃金・ボーナスが発生し、なぜか「代休」をとることもでき、労災保険に守られているのに、非正規職員の書記局アルバイトには賃金すら発生せず、活動すればする程貧しくなるだけ。一般組合員も休日返上、無保険。

これが非正規差別、格差でなくて何だというのでしょう!

 

佐藤智秋氏、街宣にボランティア参加する組合員の欠席を「バックレ行為」「損害を与えた」と糾弾、「謝罪や弁明」を要求!

 

自分に甘く、他人に厳しく、感謝を知らない佐藤智秋氏。

自身だけは(会計を隠蔽し、全組合員を欺きながら)街宣活動を労働と位置づけて賃金を受けている一方、善意から街宣に参加してくれる組合員に対しては、目を疑うばかりの醜悪なパワーハラスメントをしています

ある日、当日体調を崩し、予定していた街宣活動に参加できなかった組合員がいました。

その組合員は、佐藤智秋氏のように街宣活動の対価として金銭を受けているわけでもなく、まさしく「助け合い」として任意に参加する立場だったはずなのですが、後日、この組合員と別件で口論になった佐藤智秋氏は、ここぞとばかりに街宣への「無断欠勤」を責め立てます。

被害者から提供されたメールを、そのまま紹介しましょう。

 

From: Tomoaki Sato <*@gmail.com>
Date: 2019年4月1日(月) 19:53
Subject: [*] 街宣バックレ行為について
To: *@list.jca.apc.org <*@list.jca.apc.org>

Nさん

佐藤です。
私よりもむしろ、あなたのおかげで中止にされたイースタン支部の皆さんや大塚さん・松岡さんや肝心の裁判だったWさんが怒っていると思いますよ。

私の質問や意見に対し、対応した回答を避けているのはなぜでしょうか。

街宣バックレ行為について、執行委員会で弁明するつもりがあるのか無いのか、あなたが損失をもらたしたことを当該組合員に謝罪するつもりがあるのか無いのか、その回答すらないのは不可解ですし、とても誠実な姿勢とは思えません。

街宣バックレの責任を取ろうともしないのでは、仲間からの信頼を失いますよ。

そんなことで他の執行委員と協力しながら回答書の内容を調整できるのですか?

助け合いを損ねる行為への批判に向き合わない方に、回答書の作成を主導して欲しくありません。

 

佐藤智秋氏は「バックレ行為」という表現を使っていますが、この組合員は、当日の朝、街宣に参加できない旨を事前に連絡しています。

街宣活動の対価としての賃金、いえ、労働者は一人もいないのであれば報酬でしょうか?

とにかくお金をもらっている佐藤智秋氏のような立場であれば、欠勤したら「謝罪」や「弁明」ぐらいは必要ですし、信頼を失うかも知れませんね。

しかし、休日を返上して参加してくれる組合員に対して、当日体調を崩して参加できなくなっただけで、「執行委員会で弁明せよ!」「あなたが損失をもたらした!」とは、到底尋常な態度とは思えません。

パワーハラスメントそのものです。

組合員は皆、(佐藤智秋氏が報酬を得ているとは知らずに)重たいトラメガを持ち運び、都内各地で精力的に街宣をする佐藤智秋さんを応援したいという気持ちで、平日の勤労の疲れを押して、善意から街宣へ参加しています。

私たち非正規職員・書記局アルバイトも、同様の気持ちで、無給であっても積極的に協力していました。

そんな沢山の組合員や非正規職員を、報酬をほしいままにしながら、職業的に街宣活動をしている佐藤智秋氏は、どのように見ていたのか?

残念ですが、上のメールから、推して知るべしです。

 

ちなみに、この佐藤智秋氏ですが、プレカリアートユニオンのTwitter責任者でもあります。清水直子氏による執拗なパワハラの結果プレカリアートユニオンを去ってしまった野村氏の写真を、未だにアイコンに使い続けていますね。

私が野村さんだったら、就職に不利なのでやめてほしいと思います。

佐藤智秋氏にとっては、引越社と勇敢に闘われた野村さんまでも、利用される側の気持ちを考えず、枯渇するまで使い尽くす対象としての『リソース』に過ぎなかったということでしょうか?

佐藤智秋氏には、金銭ほしさに非正規職員と一般組合員を欺き、組合の「助け合い」を根底から破壊した責任を、しっかりとってもらうつもりです。

 

プレカリアートユニオンを、人を大切にし、不正のない労働組合へと生まれ変わらせるため、署名へのご協力をお願いします!

抗議先

 

〒151-0053

東京都渋谷区代々木4丁目29-4

西新宿ミノシマビル2階 ユニオン運動センター内

プレカリアートユニオン

 

執行委員長 清 水 直 子
(但し、正当な定期大会で選挙されたものではありません)

 

TEL…03-6276-1024

FAX…03-5371-5172

※1 佐藤智秋氏によるパワハラなどの被害を受けた方がいらっしゃいましたら、ぜひDMUまで告発をお寄せください。
※2 佐藤智秋氏が東洋大学卒であるという事実は、佐藤智秋氏が自ら希望して「東洋大学有志の会」のウェブサイト(https://toyouniyuushinokai.wixsite.com/seimei/about1-c1ibe)で公開し、「卒業生」として公開の場で名乗り出たために記載されたものであって、DMUが佐藤智秋氏のプライバシー情報を暴露したものではありません。

 

Print Friendly, PDF & Email

1 COMMENT

名倉マミ

つけぎりさんがリツイート
誠意大将軍‏ @Myoritomo1192 4月29日
その他
世界を破滅に陥れる者は悪をなす者ではない。ただ何もせずそれを眺めている者である。 アルバート・アインシュタイン
どうせ自分の力では社会は変わらないとか、危機感を持つ人間を冷ややかに見る冷笑系の人は破滅への片棒を担いでいるという事やね。 俺は駄目なものは駄目と言い続けるよ。

↑↑をいをい佐藤君!そんなもんリツイートしとる場合なのかね!?

「最大の悲劇は、悪人の圧制や残酷さではなく、善人の沈黙である。沈黙は、暴力の陰に隠れた犯罪者である」
(マーティン・ルーサー・キング)

「世の中で一番の悪党は、間違っているものを見て、それが間違っていると頭でわかっていても目を背ける奴らだ」
(ボブ・ディラン)

「悪は悪人が作り出すのではなく、思考停止の凡人が作る」
(ハンナ・アーレント)

類似の格言は私もいくつか知ってるけど、それ全部今の君のことやで

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)