通知書(6月22日)<プレカリアートユニオン6・23臨時大会関係>|疏甲|

令和元年6月22日

プレカリアートユニオン 御 中
(FAX 03・5371・5172)

DMU 民主一般労働組合
代表者書記長  前 田 史 門
組合員        T
(プレカリアートユニオン 組合員)
〒189-0003 東京都東村山市久米川町3丁目28―4
TEL 050―5359―6725
FAX  0433-303-404

通 知 書

冠 略
貴組合は、当組の組合員であるTについて、貴組合において組合員としての権利を有する者であるのに、本日までに、臨時大会の開催通知及び大会代議員選挙立候補用紙を送付しませんでした。
そのため、Tは、質疑書(4月1日付)を提出する等、組合員として貴組合の運営に参画する意思を明らかにしている者であるにも拘わらず、今回臨時大会の大会代議員として立候補することができませんでした。しかも、組合員としてのメーリングリストから不当にも排除されていたため、選挙権上の差別に気がつき、それを是正させる為の行動を起こす時機を逸することになりました。
このように、一部の組合員を差別的に取扱い、大会での意見表明から排除する行為は、貴組合規約5条2項に違反する不法行為(民法709条)に該当するばかりか、それだけで、大会における全決議の無効原因になります。
又、Tに対して貴組合から送付されてきた「地域ブロック支部」の立候補者一覧表には、組合費滞納によって既に組合員資格を喪失している者4名が含まれていました。また、他の者に対しても、解決にあたっての拠出金を免除するとの秘密取引が行われたとの情報を入手しています。
当組は、上記に対し抗議するとともに、当組との団体交渉において有効に労働協約を締結しうる貴組合代表者を選出するためにも、改めて臨時大会を開催するか、仮理事等を選任することを要求致します。
さらに、臨時大会においては、上記の拠出金の恣意的な免除に係る疑惑を調査するためにも、貴組合のすべての財源及び使途、主要な寄附者の氏名並びに現在の経理状況を示す会計報告(規約22条3)を閲覧いたしますので、ご準備の程お願い致します。

尚、貴組合執行委員を名乗る名倉マミ氏からは、他の組合員に対しては6月18日までに大会代議員立候補届が送付されたところ、同氏に対してのみ、立候補期限を徒過した6月18日に立候補用紙が到着したこと、執行委員のメーリングリストから排除されるという差別を受けていること、執行委員として、臨時大会の開催決議や選挙管理委員の選任決議をした事実がないとの事情を聴取しています。
これらの事実によれば、今回(6月23日)の貴組合臨時大会も、大変遺憾ながら、清水直子氏や中野千暁氏、このほど横領行為が発覚した佐藤智秋氏らが組合を私物化し、金品を引き出す目的に基づいた違法なものであるといわざるを得ません。そのため、当組では、今後も上記を前提とした、使用者である貴組合の違法な大会運営に対する抗議活動を継続致しますので、一応御通知します。

以 上

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)