敗訴は心配だけど、解雇した方がトクだから解雇!?プレカリアートユニオン役員のブラック社労士・太田美紀への苦情を東京都社会保険労務士会に申し立て!

清水直子氏が指名したプレカリアートユニオンの「執行委員会」。

八重洲の「白木屋」で飲酒中の時間を勤務時間と偽って金銭を懐に入れるという、普通の職場であれば懲戒解雇相当の佐藤智秋の横領(詐欺)行為が最近発覚したが、他にも芋づる式に次々と金銭絡みの不正が発覚しており、もはやプレカリアートユニオンの執行委員会では、不正行為をしたことがある者の方が多いのではないかと思えるほどだ。

ところで、DMU組合員に対する、統制処分との名目における不当な懲戒解雇を決定した者の中に、社会保険労務士のバッヂを持つ者がいたことを見逃してはならない。

一人は、雇用保険不正受給の「修行」スキームを考案・指導した野木薫氏であるが、もう一人は、女性社労士の太田美紀氏だ。太田美紀社労士は、東京都港区に在住するエリートで、東京都社会保険労務士会千代田統括支部に所属しているという、「プレカリアート」からはかけ離れた人物である。

しかし、株式会社ACM(アンパンマン・チルドレン・ミュージアム)を不当解雇されたとしてプレカリアートユニオンに加入し、「納得のいく水準」の多額の和解金を獲得した。

太田美紀社労士は、平成23年9月1日、東京都社会保険労務士会千代田統括支部に加入した。 (会報より引用)

ところが、清水直子氏に指名されて執行委員の地位に就いた太田美紀社労士は、DMU組合員に対して、労働者側の(労働組合に加入して労働者としての権利を主張した)社会保険労務士とは信じられない程のブラックな労務管理、不当解雇を指南した。

そもそも、プレカリアートユニオンで雇用するアルバイトに残業代や有給休暇を払ってこず、役員として宴会合宿などをほしいままにし、労働組合でありながら非正規労働者からの搾取によって利益を追求するという大きな過ちを犯し、労働問題の勃発を招いた張本人がこの太田美紀社労士なのであるが、ここで、太田美紀社労士の具体的な発言を見ていこう。

不当解雇を決めた臨時執行委員会での太田美紀社労士の発言

まずは、DMUが何も編集しない形で、客観的な太田美紀社労士の発言内容を示したい。

 

(仲英雄氏・副執行委員長)
どうなんですか、太田さんは
(太田美紀社労士)
話を聞いていて、いわゆる自分の認識したことが、絶対の事実だという風に話しているので、争議とか交渉には向かないなということを感じました。
あとは、矛盾が生じていて、労働者と使用者としてもそうだし、執行役員であれば労働者、使用者というのも、矛盾して要求しているので、このままここに居ると、組合の将来とか、組合の争議、それから、一緒にはたらいている人、考えると、損失の方が大きいので、活動っていうか、停止、権利をすぐ停止、期間としては、裁判を見込みまして一年。
都労委とか考えて一年。
(清水直子氏)
都労委の大体の、審査が終わるまでの期間っていう意味ですか。
(太田美紀社労士)
裁判になったとしても1年。
(清水直子氏)
申し立てていますからねぇ。
(太田美紀社労士)
あとは除名を、正直考えました。
あとは、心配なところは、基本的利益っていうのが前田さんにはあって、労働者だっていって、そこはおカネのことを言ってくると思うんですよ。
そこは基本的利益があるので、清水さんがおっしゃる団体自治があるよと言ったとしても、そこの部分だけが、裁判では心配なんですけど、別に、損害、うちが蒙る損害は例え負けたとしても、そんなにないので、除名と、除名前提の権利停止のほうが、前田さんにとってもいいのかなと思いました。
彼が、今後変わっていくかどうかを考えても。
(清水直子氏)
除名を前提にして権利停止をするのは私はどうかと思うので、できないので、それは権利停止をして様子を見るなら見て、本当に除名しなければいけないことが今後起きるのかどうかで判断しないと、同じことで2回、ちゃんと見守って、何事もなければ、権利停止1年で済むじゃないですか。
それでよく反省してくれれば。自ら成長するとか変わってくれれば。
(太田美紀社労士)
同じことをもう1回やりそうな感じがしましたので。
1年前を思い出してまた話すというのはどうなのかというのと、性質をちょっと見ていて、完全に敵対、裁判って敵じゃないですか。
それでもケロッとされていたので、もう同じことをもう1回やるなと。ちょっと考えちゃいました。
(太田美紀社労士)
でも清水さんおしゃってて、1年の停止じゃないと、やっぱり、二重の罰を与えることになってしまうので。1年で。

なんだこれは!ブラック社労士・太田美紀氏の問題発言

「裁判では心配なんですけど、別に、損害、うちが蒙る損害は、例え負けたとしてもそんなにないので、除名と、除名前提の権利停止のほうが、前田さんにとってもいいのかなと思いました。」ってなんだ?

裁判で敗訴するのは心配だが、仮に敗訴したとしても、うち(使用者プレカリアートユニオン)の損害は「そんなにない」ので、「除名と権利停止」のほうがいいのだという。

要するに裁判で負けたとしても解雇した方がトクだから解雇してしまえということだが、太田美紀の発言は社会保険労務士として許されるものだろうか?

自らが株式会社ACMに不当解雇され労働審判まで争ったという経験を忘れ、損得勘定においてトクであれば平気で不当解雇を助言する。

裁判で負けることを心配するぐらい明らかに残業代が存在するのに、支払うように助言するのではなく、負けたとしてもトクだとして不当解雇をまっさきに提案する。

これが太田美紀社労士の本質だ。

「完全に敵対、裁判って敵じゃないですか。」ってなんだ?

これは、前田が「不当解雇されたら裁判でも訴える」と発言したことを受けての内容だが、太田美紀社労士によれば、労働者が使用者を裁判に訴えると、それだけで、その内容や正当性に関係なく「完全に敵対」「敵」なのだという。

考え方がブラック企業とまったく同じである。すなわち、引越社事件でも、原告野村氏が引越社を不当配転で提訴したことが懲戒解雇の理由となった(野村氏のテープレコーダーに収録されていた)。

ブラック資本、使用者にとっては、労働者が一丁前に裁判を起こし、使用者と同じ立場で権利を行使すること自体が「生意気」で許せないというが、太田美紀社労士の発言も、同じ枠組みにおいて、働く者として当然の権利を主張する非正規労働者を弾圧するものである。

清水直子氏からの利益供与……太田美紀社労士の株式会社ACM事件の拠出金は『免除』か?

その後、さらなる調査と聞き取りの結果、太田美紀社労士が清水直子氏から金銭的な見返りを受けている可能性があることが判明した。

株式会社ACM事件の和解は平成30年3月のことになるが、ここで株式会社ACMから支払われた莫大な「解決金」に対する20%の拠出金が、太田美紀社労士に対してのみ不当に免除されていた疑いが浮上している。

プレカリアートユニオンでは、争議が解決した際、執行委員会で特別の減免決議があったときを除いて、一律に、使用者から受け取った額の20%の「拠出金」を納入しなければならない

ところが、太田美紀社労士は、清水直子氏との個人的な関係によってこれを免除されていたのだという。当時の執行委員の証言では、太田美紀社労士の拠出金を免除する決議をした事実はないというからだ。

もっとも、港区在住のエリート社労士である太田美紀氏に、拠出金を減免を受けなければならないような事情があるとは思えない。

上記の真偽を確認するため、DMUは、6月23日プレカリアートユニオンを訪問し、会計の閲覧を申し出たが、清水直子氏は「すべての帳簿を見せる法的義務はない!」と絶叫し、結局、何一つ会計を閲覧させなかった。不当な利益供与の疑惑を払拭するためにも、いい加減、組合員に会計を公開してはどうか。

太田美紀氏が、裁判で負けたとしてもトクだとして不当解雇を指南したのも、その「恩返し」といったところだろうか。結局のところ、すべてがカネ、カネ、カネなのである。

ブラック社労士・太田美紀に責任を取らせよう!あたりまえの労働運動を取り戻そう!

私たちは、もう耐えられない。

労働者の権利を擁護するための組合活動のはずが、書記に対する懲戒解雇さえ敗訴してもトクだからという損得勘定、コストパフォーマンスで決定される。

そこに加担しているのが、一度はブラック企業で不当解雇されたはずの社会保険労務士の太田美紀氏なのだ。

自分たちが使用者側に回れば、考えることもやることも、一つ残らずブラック企業・資本家側と同じ。

すべてがウラでカネを介してつながり、ソンタクを繰り広げている。正規労働者の権利を弾圧するためなら、文字通り何でもする。

そんなのが組合活動でいいのか。そんなのが労働運動でいいのか。

私たちは録音テープを聞くに堪えず、とうとう、東京都社会保険労務士会に苦情申し立てをおこなった。

全国の社会保険労務士やその関係者には、不当解雇の撤回を求めてユニオンにまで加入しながら、その舌の根も乾かぬうちに不当解雇を指南するブラック社労士、太田美紀に、厳しいご指摘、ご指導と、断固とした取引停止をお願いしたい。

あんまりにもポリシーがない。こんなブラック社労士は、労働者にとっては勿論、使用者・資本の側にとってみても害悪でしかないはずだ。

 

抗議先

〒151-0053

東京都渋谷区代々木4丁目29-4西新宿ミノシマビル2階 ユニオン運動センター内

プレカリアートユニオン

執行委員長 清 水 直 子
(但し、正当な定期大会で選挙されたものではありません)

TEL…03-6276-1024/FAX…03-5371-5172

 

Print Friendly, PDF & Email

1 COMMENT

名倉マミ

何のために生まれて 何をして生きるのか
答えられないなんて そんなのはいやだ!

そうだ 恐れないで 清水のために
金と虚飾だけが 友だちさ
ああ アンパンウーマン さもしい 君は
行け!清水の利権 守るため

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)