ノースサンド、東谷昂(東谷すばる)氏に対する陳情書が杉並区議会に付議されました!

弊所は、先日、株式会社ノースサンド、同人事部長の東谷昂(東谷すばる)氏が杉並区の公教育に関与することの留保を求める陳情書を提出しましたが、このたび、同陳述書が区議会の審議に付され、陳情書が全ての杉並区議に配付され、議事に上程されることとなりました。

私としては、間もなく東京都労働委員会における不当労働行為救済申立事件の調査を控えており、また、そうでなくとも、「人事の大塚さん」炎上事件など、数々の社会トラブルを抱えているノースサンドを、そのような問題を起こさない企業が多数存在するにも拘わらず、あえて杉並区の教育に関与させる必要性、許容性は乏しいと考えており、陳情書の提出に至りました。

かかる陳情書が容易に採択されるとは考えていませんが、杉並区議の皆様に本件の問題性を知っていただき、口先ではどんなにきれいな言葉を使っても、おのれが金を稼ぐためならば、平気で掌を返してウソをつくことを是とする、育ちの悪い人種が遺憾ながらこの世には存在するということを改めて認識し、杉並区の未来ある子供たちを、かかる醜悪な背信的悪意者たちの強欲から守るために、勇気ある決断を行っていただきたいと考えております。

本件に関しては、不当労働行為救済申立事件の提訴(今月末を予定)後、再度区議会への陳情書を提出するほか、杉並区教育委員会、杉並区立大宮中学校にもそれぞれ訪問し、請願を実施する予定です。

私としては、ノースサンドに入社したことにより人生を台無しにした張本人として、ノースサンドに関する証拠保全、注意喚起の呼びかけの活動を今後も発展させ、継続して参ります。

皆さまのご理解を賜れますようお願い申し上げます。

参考記事

https://note.com/heureka/n/nb9d92becd336

error: Alert: Content selection is disabled!!