回答書(令和元年8月17日|前田)|

令和元年8月17日

プレカリアートユニオン組合員 清水直子こと
関 口 直 子 殿

 プレカリアートユニオン組合員  前 田 史 門
東京都東村山市久米川町*丁目**―*

 

回 答 書

冠 略

貴殿より,「弁明の機会の付与」なる書面を頂戴しました。

しかしながら,貴殿は,プレカリアートユニオンの執行委員長ではありません。すなわち,貴殿が執行委員長に選任されたと称する6月23日の臨時大会というのは,水戸麻由紀君,押見貴之君,松岡亮君といった,3ヶ月以上にわたる長期の組合費滞納でとうの昔に組合員を失格となった者ばかりが,貴殿に指名されて代議員となっており,他方で,組合員である名倉マミ君は代議員への立候補届を無視され,高木**君に至っては立候補届,大会案内が郵送されてこず,立候補届を出すこともできなかったという,ひどく不誠実かつ違法なものでありました。また,松岡君に至っては,組合員を失格しているので立候補届を出さなかったはずなのに,いつの間にか代議員にでっち上げられていたということでありました。

高木君や名倉君は,代議員への立候補が叶えば,いずれも大会で貴殿の不正を公表,指摘した上でプレカリアートユニオンの役員に立候補するつもりであったと聞いていますので,上記の選挙不正が決議の結果に影響を及ぼすものであり,それが違法,無効と評価されることは,今更指摘するまでもないことです。

したがって,プレカリアートユニオンの執行委員長ですらない者から,私が“制裁”を受ける謂れはなく,それを前提とした“弁明”に応じる義務もないので,本状をもってお知らせしておきます。

しかも,その場所とされた「東洋ビル501号室」は,あろうことか反社会的勢力と思われる人物が所有するビルでした。人を使って調べたところ,そこには,佐***なる人物が住民登録をしており,株式会社西村髙木なる会社も登記されておりました。佐***は最近も501号室に出入りしている形跡があり,実際に貸会議室である201号室と違って,501号室には表札すら出ていません。

何を企んでいるのか知りませんが,このような反社会的勢力絡みの危険な場所に行く気も毛頭ありません。

なお,4月29日のカウンターアクションについて一応説明しておくと,同アクションは,私がプレカリアートユニオンのアルバイトとして結成したいわゆる社内労組であるデモクラティック・ユニオン(現在はDMU 民主一般労働組合と改称)の正当な組合活動であり,その態様も,「連合傘下プレカリアートユニオンは非正規差別をやめろ」などと記載されたプラカードを持ち,拡声機も使わずに佇立(ちょりつ)するという至極穏当なものです。

また,この当時,また現在に至るまで,貴殿らはプレカリアートユニオンの執行委員長であると偽りながら,労働組合法第7条の1ないし4号全部に違反する違法行為を繰り広げ,DMUに対する組合潰し,私たち非正規労働者からの搾取,収奪に明け暮れていたのですから,抗議活動として同アクションをすることの必然性,蓋然性も当然に認められるというものです。

しかも,同アクションを始めたところ,貴殿の夫で,全国ユニオンの事務局長である関口達矢氏が着ぐるみから出てきて,太田曉彦君は来ない,それゆえ,ここではプレカリアートユニオンの関係者は活動していないから,抗議活動をやめてほしいと要求してきました。さらに,労働弁護団を名乗る弁護士の某も出てきて,これは労働弁護団の営業活動だからプレカリアートユニオンとは関係がない,営業妨害として法的措置をとるぞと脅してきました。

同アクションの場に貴殿は居合わせませんでしたが,上記によれば,同アクション付近のブースで行われていた労働相談はプレカリアートユニオンの活動ではなく,あくまでも労働弁護団や全国ユニオンの営業活動だったということですから,その付近でプラカードを持って佇立したとしても,それがプレカリアートユニオンの統制や秩序,組合活動を乱すことはありません。

そもそも,仮にそれらが問題になるとしても,「白木屋」での飲食の時間に「行動費」を所得し,それ以外にも前後13回にわたって少なくとも数万円,多ければ20万円弱にものぼるプレカリアートユニオンの資金を横領した職制の佐藤智秋君がお咎めなしなのですから,ますます,私が処分を受けるべき謂れなどないことは明らかです。

********の*****君にも度々申し上げていたことですが,犯罪者には犯罪者に相応しい生き方があり,また,そのような生き方しか選び取ることができないのが,悲しいかな犯罪者という生き物です。折しも,東京都労働委員会において,貴殿個人を被申立人とする不当労働行為審査が始まりました。貴殿が貧困ビジネスとしてやってしまった違法行為の責任は,十分に取ってもらうつもりです。

以上の次第ですから,暑さには気をつけて,違法行為の責任を取るためにも,仲間を“リソース”と位置づけて利用するのではなく,自ら額に汗して,しっかりと働いてください。よろしくお願いします。

 

以 上

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)