全部ウソ!渋谷労働基準監督署に暴かれた清水直子氏/プレカリアートユニオンのでっち上げ!

プレカリアートユニオンといえば、当組合の結成を「発達障害の症状」と誹謗(書記長を名乗る中野千暁こと太田曉彦氏は医師免許でも持っているのだろうか?)、生活保護を受けて、半就労半福祉の方針のもとに短時間アルバイトをしていた(が、違法なサービス残業として時給400円で働かされた)組合員T君に対して、懲戒解雇後、部内で「T君は生活保護を受けているから、残業代を支払う必要はない」として、T君の重大なプライバシーをアウティングしながら残業代不払いを開き直るという、ワタミもアリさんマークの引越社も脱帽のブラック企業だ。

これで労働組合だというのだから驚きが隠せない。もちろん、搾取するのは非正規職員だけではなく、組合員も然りである。

例えば、プレカリアートユニオンが合法だといって指導した争議が実際には違法で、使用者から裁判を起こされたことがあったが、執行委員長を名乗る(が、執行委員長ではなかったことが最近暴かれた)清水直子氏は「組合にこんなに世話になったのだから、全額支払うという判断があっても良いはずだ」などと迫り、組合員にプレカリアートユニオンが払うべき弁護士費用を肩代わりさせた。

ところで、T君はプレカリアートユニオンを渋谷労働基準監督署に申告しているが、残念ながら、いまだに是正勧告は出されていない。

その理由は、清水直子氏が、T君に交付した「労働条件通知書」は清水直子氏/プレカリアートユニオンが捏造したものだと監督官に自白したので、文書偽造の罪の問題になってしまい、労働基準監督署ではなく警察署の管轄であるいう判断がなされたからである。

この手口は、海外から受け入れた労働者を、入国管理局に対しては雇用契約書を提示してビザを取得させておきながら、国内では請負労働者の形で働かせ、労基署に駆け込まれると、雇用契約書を捏造した罪を自白し、労基法違反の責任と未払賃金を免れるという、典型的な外国人労働者に対する搾取手法と瓜二つである。

顧問弁護士である旬報法律事務所の某弁護士、及び代理人弁護士である神奈川総合法律事務所の嶋﨑量、中村優介弁護士(いずれも日本労働弁護団・常任幹事)は、この事態を承知しているのだろうか?

アリさんマークの引越社にならった「罪状ペーパー」に続いて、ブラック企業事案の中でも特に悪質性が高いケースを「参考」にして使用者責任から逃げ回る清水直子氏とナンバーツーの中野千暁こと太田曉彦氏を、当組合は、満腔の怒りをもって弾劾する。

まるでアベ政権!労基署の「見解」も捏造してメーリスで配信!

そのうえ、清水直子氏は、プレカリアートユニオン組合員向けのメーリングリストで、次のようなメールを一斉送信した。同様の文書も来ている。

 なお、DMUを名乗るツイッターアカウントなどでは、「プレカリアートユニオンのアルバイトの残業代が不払い」などと主張していますが、組合員のT氏が、街宣活動をはじめとする組合活動が労働であると主張して、渋谷労働基準監督に賃金不払いなどの申告を行った件については、当然のことながら、渋谷労働基準監督から、プレカリアートユニオンに対し、労働基準法違反はない、指導もしないという判断を伝えられています。

『渋谷労働基準監督署からは、労働基準法違反があるとは認められない、未払賃金は存在しないという見解が示されている』という。

しかし、DMUが渋谷労働基準監督署にそのような判断・見解を伝えたのかと確認をしたところ、9月10日、

  • プレカリアートユニオンに労働基準法違反はない
  • プレカリアートユニオンに指導はしない
  • プレカリアートユニオンに未払賃金はない

いずれについても、「そのような判断をしたことも、見解を伝えたこともない」との答えが返ってきた。

それ見たことか!

使用者・職制側についた組合員は気の毒である。

事情を知りながら今年度も役員を引き受けた執行委員らに加えて、会計担当役員の映画監督土屋トカチ氏、道用和男氏も同様だ。

プレカリアートユニオンとその役員に対する使用者責任の追及は、まだまだ続く。DMUからは、未だに弁護士を立てての本裁判を起こしてもいない。第一ラウンドにすら立っていないのだ。

他方で、プレカリアートユニオンからは、嶋﨑量・中村優介弁護士に対する多額の弁護士費用新たに雇い入れた勤務社労士・稲葉一良氏(登録番号13180300)の報酬等で財政が火の車、しかも脱退届が次々と届き、郵便受から溢れ出ているとの声が漏れ聞こえてくる。

金銭と関係なく労働運動がしたい組合員は、みな今回の争議に呆れ果ててプレカリアートユニオンから離れてしまった。プレカリアートユニオンは今や、まさにアベ改造内閣のような人材不足、日本会議のような差別主義者の集団に成り下がっている。

労働者は9・14プレカリアートユニオン定期大会街宣に結集しよう!清水直子、中野千暁こと太田曉彦を監獄へ!

覚悟を決めた方がいい。

組合結成が発達障害の症状とか、ナマポには残業代は出さないとか、コストパフォーマンスがよいから懲戒解雇とか、差別発言にも限度というものがある。

労働者は、一致団結して、一線を越えてしまったプレカリアートユニオンを弾劾し、ヒベンを監獄にたたき込もうではないか。9月14日のプレカリアートユニオン定期大会では、社前抗議街宣を断固として貫徹する。

プレカリアートユニオン定期大会抗議街宣

 

と き:9月14日(土)15時〜

ところ:東京都渋谷区代々木4丁目29−4 西新宿ミノシマビル前にて

 

カメラ、マイク、楽器歓迎!

貧困ビジネス、差別主義者を労働運動から叩き出そう!

 

抗議先

非正規職員の組合結成を「精神障害の症状」と誹謗、「ナマポには残業代は出さない」=貧困ビジネスとして労働者から搾取したプレカリアートユニオン役員・職制の一覧

清水直子こと関口直子 (昭和48年生・中野区南台)
中野千暁こと太田曉彦 (昭和55年生・さいたま市北区)
社会保険労務士 野木 薫 (昭和30年生・江東区)
社会保険労務士 太田美紀 (昭和48年生・港区)
佐藤智秋 (昭和62年生・国立市)
吉田直希 (昭和61年生・所沢市)
仲 英雄 (昭和40年生・沼津市)
武内 惇 (昭和58年生・つくばみらい市)
中山喬介 (昭和54年生・安中市)
土屋トカチ(会計担当役員)
道用和男 (会計担当役員)

稲葉一良 (職制者/特定社会保険労務士)

これらの人物をお見かけの方、お知り合いの方は、「差別をヤメロ!」「搾取をヤメロ!」「貧困ビジネスをヤメロ!」との、厳しいお声がけをお願いします。

 

プレカリアートユニオン職制社会保険労務士・稲葉一良氏のツイート

 

 

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)