宗教改革記念日に寄せて プレカリアートユニオン執行部への九十五箇条の論題

太田美紀執行委員(社会保険労務士)

(69)3月17日決議の前田さんの統制処分について、執行委員辞任直後、内々にて「アルバイトの労働者性は高いと最初から思っていた」「分派活動とは言えない」という趣旨の発言をされています。それならどうして、統制処分決議に賛成されたのですか?

(70)執行委員会に出席して処分撤回の発議をするべきだったとは思いませんか?

(71)そうしなかったのはどうしてですか?

(72)太田さんはPUの組合規約に定められている2割の拠出金を全免されたのではないかという疑惑が浮上していますが、これは本当ですか?

(73)本当だとしたら、それはどうしてですか?組合規約第22条1項の(3)の「事情」に該当するとされたのでしょうか?それはどんな事情ですか?

(74)嘘だとしたら、支払った証拠を公開してもらえないでしょうか?

(75)太田さんはシングルマザーということですが、東京都港区赤坂にお住まいで、組合費は最高クラスの月額3000円であり、清水委員長の表現を借りれば「貧乏とは言えない」と思います。

太田さんよりも生活の苦しい人、扶養家族を抱えて大変な思いをしている人、また解決金の額の少ない人もいると思います。それでも拠出金を減免されたというような話は聞きません。拠出金減免制度の存在について、全組合員に対する告知は充分だと思いますか?

(76) 清水委員長の非弁活動について、それが違法だと知っていましたか?

⑥根本美樹

(77)あなたは平成31年3月18日午前中、事務所で作業していた前田さんの言動を本人に無断で、秘密裡に録音・撮影しようとして(「盗聴・盗撮」と呼んで差し支えない行為です)、前田さんから逆に見咎められ、詰問されています。その際、「清水さんの指示で前からやっていた」と告白しています。清水さんの指示とは具体的にどういったものでしたか?

(78)どういう意図と目的のために組合員の言動を秘密録音・盗撮したのですか?

(79)いつ頃から、何度ぐらい、その行為をしましたか?

(80)前田さん以外の人に対してもしたのですか?

(81)それは誰で、いつの、どんな場面でしたか?

(82)根本さんは書記として、事務所で作業している時間内には賃金が発生していますが、つまり、金銭を引き換えに労働者を経営に売り渡し、「業務として、組合員の言動を盗聴・盗撮していた」という自覚がありますか?

(中野千暁こと太田曉彦氏と根本美樹氏の訴訟について)

(83)中野さんと根本さんがそれぞれ原告となり、組合員前田さん個人に対する訴訟を東京地裁に起こしています。表向きは中野さんと根本さんそれぞれの個人訴訟という形になっていますが、この裁判費用は組合が全額負担しているというのは本当ですか?

(84)本当なら、それは全部でどれぐらいの金額になっていますか?内訳を開示して下さい。

(85)清水委員長がこの件に関し、「PUとDMU(前田氏)との紛争には何の関係もない組合員個人の名誉が棄損され、プライバシーが暴露された」という趣旨のことを言明している文面が存在します。「中野さんと根本さんはPUとDMUとの紛争には何の関係もない」という表現は理解に苦しみます。

中野さんはPUの役員で前田さんの処分を決定した一人でもあり、根本さんはPUの職員でまた秘密録音・盗撮の実行役なのに、なぜ関係ないのですか?

(86)では関係がある人は誰ですか?また、それはどうしてですか?

(87)もし本当に関係がないのなら、なぜ組合が裁判費用を負担しているのですか?

(労基署の判断の不存在と清水氏の虚偽報告について)

(88)9月10日、渋谷労基署の峯監督官よりDMUに電話がありました。
PU(清水委員長)が各組合員に文書で通知している、「『未払い賃金はない』『労基法違反はない』『今後、指導を行うことはしない』などの判断はしておりません」とのことです。

つまり、清水さんはPUの執行委員長として嘘の内容を全組合員に通知したということですね?人、それも大勢の人に嘘を教えるのは悪いことですね?「以前にお伝えした内容は嘘でした、間違いでした」と全組合員に通知しないといけないのではないのですか?

(89)「私が組合員にほんとのことを教えてあげたい」と思う人がいたとしても、清水委員長以外の人が他の組合員の連絡先を見たり使ったりするのはいけないことなのですね?除名などの重い処分に相当するのですね?

(90)全組合員に確実に情報を発信する手段と正当性(権限)を持っているのは清水委員長だけなのですよね?なら早く、全組合員に対して誤りを正し、真実を告知する務め(責任)を果たすべきではないでしょうか。そうしないのはどうしてですか?

(平成31年4月、機関誌に同封された前田さんの実名入りビラについて)

(91)平成31年4月の機関誌発送作業において、前田さんの実名と統制処分を受けたことを告知するビラが全ての組合員・賛助会員・友誼団体に合計約500枚送られました。人権やプライバシーの尊重という観点から、著しく配慮に欠ける処置であったとは思われませんか?

(92)仮に組合員には告知する必要があったとしても、その時点で賛助会員や友誼団体にまで組合員個人の実名を記したビラを送付する必要が本当にあったと思いますか?

(93)そのことによって、前田・名倉・高木の組合外での共通の知人の心情を動揺させ、前田さんの名誉を失墜させ、人間関係が危機に瀕するかも知れないと想像できましたか?

(94)清水委員長のしたことこそ、道徳的に劣る「分裂工作」ではないのですか?

(95)当時の執行委員の内どなたか一人でも、「悪かった」と思っていただけますか?

(文・組合員名倉 組合にて編集済)

Print Friendly, PDF & Email

1 COMMENT

NaguraMami

力なる神は 我が強き櫓
悩み苦しみを 防ぎ守り給う
悪しき敵の 手立て尽くし 攻め来たるも
何か恐れん 神共にませば

悪魔世に満ちて 襲い迫るとも
勝ちは我にあり などて恐るべき
この世の君 狂いたてど 何を成し得ん
主の裁きに 滅ぶる外なし

Ein’ feste Burg ist unser Gott
Martin Luther,1483-1546

マルティン・ルター作詞作曲
「神は我が櫓」

返信する

NaguraMami にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)