当該者が脱プレカリアートユニオンに決起、団交申し入れ

11月18日、DMUは、株式会社

(東京都港区、代表取締役/

)に対して、団体交渉を申し入れた。

当該者のH君は、もともと、プレカリアートユニオンの組合員として交渉し、不当減給撤回・パワハラの中止を求めていたが、プレカリアートユニオンの経営が倒産に向かうにつれて、闘争の放棄を強要されるも同然の事態に陥り、とうとう、DMUへの転籍を決めた。

最初に、

のパワハラをやめさせたいと団体交渉を求めると、書記次長である稲葉一良(特定社会保険労務士)から、「プレカリアートユニオンでは、時間がかかるのに確実にカネになるとは限らない案件については、取り上げないことにしています」と言い渡された。

との面談を都労委に証拠提出しようとすると、英語が達者で、外国人労働者のオルグをしたいと豪語している中野千暁こと太田曉彦・副執行委員長が翻訳を受け持ったが、出てきた和訳文は、明らかに機械翻訳を利用したもので、意味不明としか言いようがない代物。

大急ぎで連絡したが、既に都労委に証拠提出してしまったという。その都労委でも、太田曉彦氏は、公益委員の質問に意味不明の返答を繰り返し、当該者H君があわてて訂正するというありさま。

一緒にたたかうどころか、一方的に問題を引き起こし続けるプレカリアートユニオンに疲れ果てたH君に、太田曉彦氏は、「(H君の)体調も考慮しながら闘い方を組み立てたい」として、賃金の半年分に満たない解雇補償金で和解するように要求。重ねて、「(和解を決裂させるなら)今後の街宣は、今までのようにはできない」と通告した。

当該者の体調が悪くなりかねないような状況を自ら作り出し、和解決裂後の闘いを放棄すると公言した上で、格安の和解金で泣き寝入りするように要求する、プレカリアートユニオンお得意の反マッチポンプ攻撃が始まった。

引越社事件同様、会社有利の退職和解をプレカリアートユニオンから提案する『アングラ交渉』でもしていたのだろうか?

交渉のいきさつに不安を覚えたH君がプレカリアートユニオンの事務所に電話をかけたところ、「Hさんが電話してくると、中野千暁こと太田曉彦さんのパフォーマンスが悪くなるので、あまり電話をかけてこないでください。」と清水直子委員長。人生がかかっている団体交渉なのに、一体どうしろというのか。

H君は、ついにプレカリアートユニオンからの脱退を決意した。

転籍の申し入れを受けたDMUは、ただちに、

社に団体交渉を申し入れた。

強調しておきたいが、京浜急行バス支部の一斉転籍を含め、DMUからは、プレカリアートユニオン現役者に対する脱退や転籍の勧誘を一切やっていない。私たちの運動は、「分派活動」などという、つまらない次元のものではないからだ。

それなのに、最近は、現役で闘争中のプレカリアートユニオン組合員からの、色々な相談の電話や転籍の申出が引きも切らない。

すべては、労働者・組合員そっちのけで、アメリカ見学や総額700万円にもなる高額報酬の確保に汲々とし、仲間を「リソース」と呼んでモノ扱いしてきたプレカリアートユニオン経営に責任がある。

 

 

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)