プレカリアートユニオン(執行委員長・清水直子氏)が『罪状ペーパー』を掲出………労組結成・団交申入への報復として

プレカリアートユニオン・清水直子氏が
引越社同然の「罪状ペーパー」を事務所に掲示

4月12日、DMUが、新たに加入してくれた組合員T君の団体交渉申し入れのためにプレカリアートユニオンに赴いたところ、驚くべき事実がわかりました。

なんとプレカリアートユニオン・執行委員長の清水直子氏は、DMU代表、宮城に対する「罪状ペーパー」を、事務所(一般社団法人ユニオン運動センター)の入口に貼り出していたのです。

全景。「一般社団法人ユニオン運動センター」と書かれたコルクボードの左下に見えるのが「罪状ペーパー」。プレカリアートユニオンにおいては、清水直子こと関口直子氏自身が、使用者関係者の肖像を目の部分にモザイク加工をして無断公表していることから、当研究所も同様の方法を採用した。
「罪状ペーパー」を拡大したもの。
DMU代表・宮城(旧姓前田)の実名入りで 、「制裁の通知」と題する書面が掲出されている。

罪状ペーパーというのは、アリさんの引越社が、野村氏を追い詰めるために、不当な懲戒解雇の当日に全支店に貼り出し、全社員の自宅にも送付したという掲示物です。

「罪状ペーパー」を示す旬報法律事務所・新村響子弁護士(バズフィードから引用)
「罪状ペーパー」

「制裁の通知」には、顔写真こそありませんが、執行委員長を名乗る清水直子氏らが、プレカリアートユニオンの正式な大会で役員に選ばれたことがないのに、不当に臨時執行委員会なるものを開催して権利停止処分にしたと喧伝しているに過ぎないのを、あたかも当研究所代表者が、プレカリアートユニオンの規約に基づいて実際に権利停止処分にされたかのように偽って、ユニオン運動センターに入居する全てのユニオンの関係者に告知するものです。
(要するに、不当な懲戒解雇事由を書き連ねた「罪状ペーパー」と同じです)

しかも、その文中では、宮城が精神疾患者であるかのように思わせる表現が繰り返し使用されています。

プレカリアートユニオンへの加入から3年間、職員となってから1年間、組合員の生活と権利を守るために、残業代も有給も頂かずに働いてきた私、宮城に対する、あまりにもむごい仕打ちです。

さらに、この「罪状ペーパー」に類似する書面が、プレカリアートユニオンの全組合員と賛助会員(合計500名前後)に送付されたと聞いております。

また、権利停止処分の件は、プレカリアートユニオンのブログにも掲載され、Twitterの固定ツイートにも採用するという徹底ぶりです。

プレカリアートユニオンのTwitter(令和3年3月4日)。既にプレカリアートユニオンから去っている野村氏が未だにプロフ画像として利用されている

考えよう やってよいこと わるいこと

清水直子こと関口直子氏や、事務所で常勤しているBこと某氏は、上の標語の意味するところを噛みしめ、自らが、あの引越社となんら変わらない重大な人権侵害をやってしまったという事実の重みを、きちんと受け止めてほしいものです。

例えば、プレカリアートユニオンも、社会保険労務士の吉川英里氏を、Change.orgにページを構えて声高に非難しています。しかも、吉川社労士は「公害と同じ」などと、普通の感覚では思いつかないような過激な表現を使用しています。

しかし、例えば、その報復として、吉川英里社労士が、プレカリアートユニオンの当該組合員をブログやツイッターで実名を挙げて非難し、事務所の入口に「罪状ペーパー」を掲出するとしたら、これは許されるでしょうか?

清水直子氏と書記長を名乗るBこと某氏も、法律をまもる労働運動家としてリスタートする時が来ていると思いますが………

DMUによる情宣活動の結果、執行委員である野木薫社労士による数々の不正や、清水直子氏がプレカリアートユニオンを私物化していること、A氏が、D社仕込みの人権侵害を続けていることなど、様々な形で、プレカリアートユニオンの現実が明かされてしまいました。

すでに多くの報道関係者とコンタクトを取っており、未公開の証拠もあることから、今後、ますます社会的な問題に発展すると思っています。

平成27年に前執行委員長の大平正巳氏の退任を受けてプレカリアートユニオンを私物化したものの、今まで通用してきたスキームが瓦解しつつあり、労働基準法違反や不当労働行為非弁活動、詐欺罪などの被疑者として追及されようとしていることに腹が立つのは、わからないではありません。

しかし、それらは、いずれも、清水直子氏が、非正規労働者であるアルバイトは残業代・有給ナシで働かせながら、自分自身は高額な報酬を懐に入れたり、アメリカに外遊したりするためにやってしまった違法行為の結果であって、当研究所のせいにするのは逆恨みでしかありません。

プレカリアートユニオン・清水直子氏は人権侵害をやめ、
主張があるなら公の場で、堂々と示してください。

清水直子氏や書記長を名乗るBこと某氏の主張が正当であると確信するのであれば、違法行為や名誉毀損を繰り返したり、荒唐無稽のでまかせを言うのではなく、

裁判所や労働委員会という公式な場所で、堂々と書面で主張、立証するべきではないでしょうか。

少なくとも、団交拒否による不当労働行為救済申立から1ヶ月が経過しても、労働委員会に白紙の答弁書しか出せない状態で、苦し紛れに「罪状ペーパー」を貼り出す行為は、到底正当なものとはいえないでしょう。

あまりにも幼稚で、浅はかです。

当研究所代表者としては、曲がりなりにも一年間ともに働いてきた清水直子氏や書記長を名乗るB氏が、いざ使用者の立場にたってみれば、あれほど非難してきた引越社とまったく同じ行動をとり、正面から堂々と主張をたたかわせるのではなく、あれこれと卑劣な手段でアルバイト労働者を侮辱し、人権を踏みにじっていることに驚き、大変なショックを受けています。

読者の皆さまからも、どうか、清水直子氏に対し、まっとうな労働運動家としての心を取り戻し、すべての違法行為を取りやめ、「罪状ペーパー」を撤去するように、ご指導いただければと思います。

プレカリアートユニオン事件

ブラックユニオン「プレカリアートユニオン」の実態が週刊新潮に掲載

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)