定年延長者の雇止めに関する団体交渉で円満に和解

当研究所本部(団体交渉事業)では、今般、定年延長者の雇止めに関する団体交渉において、円満な和解解決に至りました。

誰も裁判所に出頭させず、また、誰を誹謗することもなく、会社の経営状況についても、具体的数値の開示を受けて納得した上で円満な解決に至ったことは、当研究所として誇るべき実績であると考えています。

また、本件では、使用者の優秀な担当者による精緻な賃金等の計算に助けられ、当研究所としても、組合員に対し具体的根拠を伴う説得ができ、納得ずくの解決につなげることができました。

当研究所では、団体交渉と労働審判を通じて、「労働問題で傷つく人をゼロにする」ことを掲げ、労働問題の円満解決に取り組んでおります。

労働問題の円満解決のために努力と決断を惜しまなかった全ての関係者に敬意を表しつつ、職業愛と相互尊重に根ざした産業社会の確立に向けた当研究所の活動に対する平素からの皆さまの理解に感謝し、ここに、円満解決のご報告を申し上げます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)