株式会社TDCスタッフィングとの団体交渉開始のお知らせ

当研究所に加盟するTDCスタッフィングユニオンでは、令和2年6月21日、株式会社TDCスタッフィング(埼玉県さいたま市・代表取締役荻原文明氏)に対して、団体交渉を申し入れました。

今回の団体交渉では、TDCスタッフィング社に対し、登録型のアルバイト従業員に対するコロナウィルス問題に伴う休業手当の支払い、シフト減少分に対する補填、無期転換などを求めてまいります。

TDCスタッフィング社では、荻原社長の挨拶文中に

私は会社営業方針として安心・継続の2つをとりあげています。
「クライアント様が安心して依頼する」「スタッフ達が安心して働ける」

との記載があるところ、正社員だけでなく、非正規雇用者も同じように安心することができる休業手当等の支給を求め、国等の支援制度の活用を促すことを含めて、働きかけを続けて参ります。

当研究所では、団体交渉と労働審判を通じて、「労働問題で傷つく人をゼロにする」ことを掲げ、労働問題の円満解決に取り組んでおります。

皆さまの御協力、ご支援を謹んでお願い申し上げます。

TDCスタッフィング社との間で何らかの労働問題を抱えている方は、団体交渉に参加して労働問題を一括解決する絶好の機会となりますので、お気軽に、当研究所までご相談下さい。
TDCスタッフィングユニオンには、すでに5名の従業員(登録者)が集まり、会社と対等の立場で交渉中に取り組んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)