地位保全仮処分命令申立書(3月19日)|平成31年(ヨ)第21033号地位保全仮処分命令申立事件

地位保全仮処分命令申立書

平成31年3月19日

東京地方裁判所民事第  部  御中

債権者   前 田 史 門

当事者の表示        別紙当事者目録のとおり
仮処分により保全すべき権利 名誉権,団結権および組合活動に参加する権利

第1 申立の趣旨

1  債権者が,債務者に対して,債務者組合員としての権利を停止されていない地位にあることを仮に定める。
2  訴訟費用は債務者の負担とする。

との御裁判を求める。

第2 申立の理由

1  当事者

(1)  債権者は,労働組合である債務者の地域ブロック支部に所属する組合員である。平成28年6月に債務者に加入し,平成30年5月以降はアルバイトとして勤務し,団体交渉や不当労働行為救済申立事件の手続,刑事告発,労働相談などの法律事務にあたっている。
また,債権者に勤務する従業員によって組織された従業員労組デモクラティック・ユニオン(略称DMU。以下,「従業員労組」という。)の発起人であり,代表者書記長の地位にある。

(2)  債務者は,東京都渋谷区に本拠を置く労働組合である。個人加盟を原則とし,270名前後の組合員を擁する。書記局員として,臨時雇の者を含む7名の従業員を使用する。

債務者では執行委員長が組合を代表し,業務を統括する(疏甲8,組合規約第18条)。執行委員は各専門部を担当し,組合業務を執行する。 執行委員長および執行委員,書記長はいずれも役員であり,大会において,代議員の直接無記名投票によって選ぶ(同第17条)。大会は,執行委員および組合員の直接無記名投票によって選出された代議員によって構成される(第12条)。

規約に基づき,債務者組合員は選挙権および被選挙権を享有する。ただし,権利停止の統制処分を受けた場合,これを失う(疏甲9,選挙大会規定第2条)。大会運営委員会は執行委員会によって任命され,選挙に関する一切の権限をもつ(同第4条)。

(3)  債権者は,債務者に加入した当時の姓である「前田」を,債務者内で通常使用している。他方,登記上の債務者代表者である関口直子氏も,婚姻前の姓である「清水」を通常使用している。債務者書記長である太田曉彦氏は,変名として「中野千暁」を名乗っている。

第3 本件事案の概要

訂正置換え済……4月1日付訂正申立書を参照

第4 統制処分が違法であること

訂正置換え済……4月1日付訂正申立書を参照

第5 保全の必要性

訂正置換え済……4月1日付訂正申立書を参照

第6 結論

以上の通り,債権者は債務者に対して,申立の趣旨記載の決定を求める。

疏 明 方 法

疏甲第1号証   団体交渉申入書
疏甲第2号証   不当労働行為救済申立書
疏甲第3号証   不当労働行為救済追加申立書
疏甲第4号証   弁明の機会の付与
疏甲第5号証   広報誌(第1号)
疏甲第6号証   Facebookメッセンジャー(3月15日)
疏甲第7号証の1 債権者から執行委員への電子メール(1)
疏甲第7号証の2 債権者から執行委員への電子メール(2)
疏甲第8号証   債務者組合規約
疏甲第9号証   債務者選挙大会規定
疏甲第10号証  回答書(3月14日,従業員労組)
疏甲第11号証  回答書(3月13日,債務者関口氏)
疏甲第12号証  警告書(3月14日,債務者関口氏)
疏甲第13号証  制裁の通知(3月18日,債務者関口氏)

附 属 書 類

1 資格証明書     1通
2 申立書副本     1通
3 疏甲号証(写し) 各2通

(別紙)

当 事 者 目 録

〒189―0003 東京都東村山市久米川町
債権者    前  田  史  門
FAX   0433―303―404

〒151―0053 東京都渋谷区代々木4丁目29―4
西新宿ミノシマビル2Fユニオン運動センター内
債務者      プレカリアートユニオン
上記代表者代表者 関  口  直  子

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)