“i thank You God for most this amazing day”

“i thank You God for most this amazing day”
by e.e. cummings
***

i thank You God for most this amazing
day
for the leaping greenly spirits of trees
and a blue true dream of sky
and for everything
which is natural which is infinite which is yes
(i who have died am alive again today,
and this is the sun’s birthday; this is the birth
day of life and of love and wings: and of the gay
great happening illimitably earth)
how should tasting touching hearing seeing
breathing any–lifted from the no
of all nothing–human merely being
doubt unimaginable You?
(now the ears of my ears awake and
now the eyes of my eyes are opened)

**

『 わたしはもっともこのめざましい日を』

わたしはもっともこのめざましい日を
神様あなたに感謝致します すなわち青くさく躍動する木の霊と 空の青の本当の夢と自然であって
無限であって はいであるすべてのもののために

(死んでいたわたしは きょうふたたび生きています
そしてこの日は太陽の生誕の日であり この日は
生命のそして愛と翼のそしてにぎやかで
大いなる動くのある限りなくの地球の生誕の日だからです)

どんなにか味わったりさわったり聞いたり見たり
呼吸をしたりーーすべてのつまらないことのいいえから
ふくれ上がったーーどんな単人間が
想像もつかないあなた様を
疑うなんてあるものですか

(いまわたしの耳の耳が目をさまし そして
いまわたしの眼の眼がひらかれています)

出典:カミングス詩集 藤富保男 訳篇(思潮社・平成9年)

Print Friendly, PDF & Email